ネイル

【簡単ジェルネイル】デザインに迷ったらシェルフレークを乗せるだけでそれっぽく仕上がる

こんにちは!なかちこです。

セルフジェルネイラーの皆さん、
シェルフレークは使っていますか?

キラキラとした光沢で、ホログラム
ツヤ系のジェルと相性が良いですよね。

ワンポイントとして使う場合が多いかと思いますが、
単品で使ってもそれなりの出来になる優れもの!

今回は最近私がやった、シェルフレークを使った
ジェルネイルをご紹介します。

シェルフレークとは?

シェルフレークとは、ネイルアートやレジンなどで使用する、小さいフレーク状になっている貝殻のこと。ネイルアートでは幅広いデザインに使用されています。

ワンポイントにするもよし
小さいシェルをたくさん配置するのもよし!
清楚感のあるパーツですよね

シェルフレークはどうやって使うの?

シェルフレークは好きな大きさにして使います!

シェルフレークは色々な大きさが売っていますので、手やピンセットを使ってポキポキと好みの大きさにしていきましょう

ランダムな大きさで入ったシェルフレークを

このように爪の上に乗せられるサイズに小さく折ります

シェルフレークを使用するコツ

  • シェルは小さめにカット
  • 三角、長方形といった形を意識してカットするとおしゃれ
  • 規則的過ぎずランダムにシェルを並べる
  • シェルを爪につけた後、余計な出っ張りはヤスリで削る
  • シェルがネイルの外にはみ出さないよう、
    コーティングでしっかり覆う!

シェルを使用するコツは、シェルを小さめにカットすることです。爪はカーブしているので、大きいと乗せる難易度が上がります。

始めのうちは小さいパーツ、慣れてきたら大きいパーツに挑戦していきましょう!

あとはこれが一番肝心!コーティングをしっかりすること!
完成時表面がツルツルしていると高見え度が増します👍

では今回のネイルをみていきましょう

セルフネイルの使用品

これらを使っていきます。
番号の順番で塗ったり乗せたりをしますよ!

追記:番号の①と②が逆でした!!
②の黒いネイルを最初に塗ります!

これ間違えると剥がしてオフができなくなるのでご注意!

今回使用するパーツは右半分のシェルたち
筆は今回2本使います
クリアジェル、カラージェルで分けています

セルフジェルネイルの流れ

  1. ピールオフジェル
  2. ベースジェル
  3. カラージェル
  4. トップジェル(パウダーのためのノンワイプジェルとして)
  5. パウダーすりこみ
  6. シェルのせ
  7. クリアジェル
  8. トップジェル

この手順で、塗る→硬化 を繰り返します。

(私は大きいパーツより先にホログラムを乗せる派ですが、
全体のバランスを見て後から載せてもいいと思います)

完成画像

デザインは特に考えずシェルを乗せただけ!完成画像がこちら!

いかがでしょうか?
適当な大きさのシェルを真ん中に1枚置いたり、
小さめのシェルを3くらい並べてみました。
ちょろっと金色パーツも乗せました。
ベースカラーは1色ですが、
シェルがカラフルなので見劣りしません!


何も考えずパーツを置いただけのズボラデザインにしては
上出来ではないでしょうか⭐️

皆さんも、ネイルのデザインに迷った時は、

シェルに頼ってみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA