雑記

「入学書類を出し忘れた」実際に我が家で起こった大事件

毎年この時期になると、なかちこは数年前我が家で起きた一大事を思い出します。タイトルの通り妹が大学の入学書類を出し忘れてしまったんです。

そこで今回は、気付いた時から無事大学に入学できたの?どう対応したの?など順を追って書いていこうと思います。

大学の入学書類って何?

大学の入学書類とは、入学のための手続きです。

大学に無事合格すると、大学から合格者へ「入社書類」が送付されます。その中に入っている内容通りに内定者が手続きを行って、初めて入学が決まるという流れ。具体的には下記の2つの対応が必要となります。

  • 入学金を期日までに大学へ振り込む
  • 入学書類を期日までに大学へ送付する

合格通知の時点はまだ、あなたは本学に入る資格がありますよと大学から打診されている状態。入学したい場合は、こちらから「入学します」と大学に意思表示をします。

この手続きがないと入学資格は破棄され、その分が繰り上げ合格者の枠になります。書類にも必ず「期限に遅れた場合は入学不可」と記載があります。

「妹が大学の入学書類を出し忘れた」実際に我が家で起こった事件

入学書類の提出期限を過ぎていることに妹が気付く

猛勉強の末、無事志望校だったMARCHから合格をもらった妹。無事受験期間を終え、卒業前の春休みを過ごしていました。その頃の妹は受験をやりきった反動でけっこう気が抜けていました。

でも受験勉強を頑張っていたのは知っていたので、家族も多めに見るかと言う感じで、平和な春休みでした。妹は受験からの開放で頭がいっぱいだったんだろうと思います。

確か2か3月のあたま頃。日曜のちょうど家族4人が家でそれぞれ過ごしているときにその瞬間は訪れました。

私はリビング、妹と父は自室、母親は風呂に入っていた夜の時間帯。リビングでテレビを見ていると、突然「うわあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」とものすごい叫び声が妹の部屋の方から聞こえてきました。悲鳴に驚いた私はただ事ではないと思いながら、風呂にいる母の元へ向かいました。

そのとき大学の内定書類を出し忘れたのでは・・・?と頭をよぎっていたのですが、悲鳴を聞いた母も同じく何か大学関係かもしれないと思っているようでした。

それからすぐに妹の部屋に向かい、どうしたのかと聞くと、妹は泣きながら

「大学に送らないといけない入学書類の期限が約1週間過ぎていた」

と。どうやら、1週間前に届いていた書類をずっとそのままにしていたらしいのです。

春から通うはずだった大学からの合格取り消し

話を聞いてこれはまずいぞと青ざめました。妹は第一志望の大学に合格したので、もう受験を終えていましたし、春から入学できる大学がなくなってしまう状態。

妹はパニックでした。

私も急いでその書類を見ましたが、

そこには無慈悲にも「必要書類を期日までに提出してないと合格を取り消します」と書いてありました。

私はこういう事例をインターネットで何度か見たことがありました。入学書類を出し忘れて浪人生活になった人の体験談はけっこうネット上にあって、合格したのにバカだな〜と思いながら見ていたんです。

まさか自分の妹がこんなことになるなんて・・

頭をガンと殴られたような衝撃でしたが(妹はその比じゃなかったでしょうが)、そのことをすぐ母親にも伝えました。

私が気付くべきだったとうなだれる母

話を聞いた母は「ええぇぇ!?」と喉が枯れるような悲鳴で、私がやっていればと激しく後悔していました。聞くと書類は母が開封して、そのときに、入学金の振込は母がやるから書類は自分(妹)でやるよう伝えていたそうです。

母は念のため書類の提出期限も把握していたのですが、入学金の振込が完了したことですっかり頭から飛んでいってしまっていたそう。

私が書類もやっていれば・・・せっかく第一志望に受かったのになんでこんなことに・・・とうなだれる母。

完全に妹本人のせいですが、母からすると後悔してもしきれなかったのでしょう。自責する姿は今思い出しても辛いほどです。

しかし、話を聞いていると、そもそも最初に母が開封したのも妹が数日放置していたからだったようで、しっかりしろ妹よ・・・と心の底から思いました。

父のアドバイスで嘆願書を提出することに

そのあとで父にも事の顛末を話しました。

すると妹の話を黙って聞いてから「もしかするとまだ間に合うかもしれないから、すぐに嘆願書を書こう」と言いました。

嘆願書とは?

嘆願書とは、事情を説明してお願いをする文書のこと

書類に「期限遅れの場合は合格取り消し」と書いてあっても、まだ入学の可能性はあるかもしれないと考えて起こした行動でした。父も、藁にもすがる思いでした。

郵送だと月曜発送の火曜着になるので、届ける方法も大学に確認したほうがいいだろうとなりました。もし直接持参すれば、月曜の午前中には大学提出ができます。

迎えた月曜の朝。嘆願書を書いた父親は、すぐに電話をかけ大学へ謝罪しました。すると大学側は、取り急ぎ入学書類と嘆願書を郵送で送るように言いました。結果についてはまた連絡すると伝えられ、朝一の電話は終わりました。(妹がやらないんかいとお思いかもしれませんが、そこは置いといてください)

・・・・続く

こちらの記事もおすすめ!

POSTED COMMENT

  1. 続きが気になる人 より:

    こちらのブログの続きはないのでしょうか?

    • nakachiko より:

      すっかり投稿を忘れておりました・・!近日中に投稿しますので、良かったら見に来てくださいね。

      • こけ より:

        今現在うちで同じことが起きております。土日のためこれ以上の身動きが取れません。是非主様の結末を知りたいです。

        • nakachiko より:

          気づくのが遅くなりすみません!時間が空きましたが続きをアップしましたので、よければ見てくださいね。
          こけさんはその後大丈夫だったでしょうか・・・?

  2. ぴぴ より:

    自分もMARCH合格しましたが、書類の提出期限過ぎてて震えたのを思い出しました笑

  3. Ooo より:

    母親が振り込みを1日勘違いして入学とりけしに
    学校から大学に電話してもらったらしいけど、公平性の観点から無理とのこと
    母親は泣いていたらしい

    と言う話を学校で聞いた記憶がある
    不合格から合格になったら腹たつな

    • nakachiko より:

      それはお母様かなりお辛い経験をされましたね。
      滑り止めの大学などへの進学はできたのでしょうか・・・?
      入学金振込の方が重視されがちな印象がありますが、1日も猶予が与えられないとは。。。

  4. 続きが気になる人2 より:

    私も続きが気になります!!

nakachiko へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA